グループの操作

ここではグループについて見ていきます。

Groups プール

いくつかのグループを作るつもりですので、それらをプールとして見られるようにしておくのが実用的です。

グループ・プールは同じ画面にあった方がよいでしょう。Channelシートのサイズを1行分小さくし、その下に空いた場所の左端を押してください。

再び "Create Basic Window" ポップアップが開きます。今度は Pools タブを選び、Groups ボタンを押してください。その位置にいくつかの空のグループ・ボタンができます。

この画面は、ビューとして保存しておいてもよいでしょう。

最初のグループ

この例の照明プランでは、すべての奇数チャンネルを暖色、偶数チャンネルを寒色としています。

これらの色にしたがっていくつかのグループを作ってみましょう。最初のグループは、舞台フロント(FOH)からのすべての暖色です。Press: 5 + 7 + 9 + 1 1 Please  と押すと、チャンネル5、7、9、11が選択されます。そして、Store ボタンを押してから、続けて利用可能な最初のグループ・ボタンを押してください。グループには値を含めることができませんので、何も割り当てる必要はありません。

ここで何かをする前に、キーボードで FOH Warm と入力してください。自動的に、直前に "タッチした" 要素に名前が付けられます。もし入力前に、ボタンや画面などに触れてしまった場合は、別の方法でも名前を設定できます。

'Assign' キーを2回押すと、"Label" という機能にアクセスできます。この後で、最初のグループ・ボタンを再び押してください。Enter Name of Object ポップアップが出ますので、名前を編集し Please で確定してください。

Channel シートを見てください。5、7、9、11の番号が黄色表示になっているはずですが、これは、チャンネルがまだ選択中であることを意味しています。これらの4チャンネルについては済みましたので、'Clear' を1回押してください。

さらに11のグループを作成

これで、グループ作成に必要な説明は済みました。ここでは全部で12のグループを作ります。下の表に必要なすべての情報がありますから、練習として残りのグループを作ってみてください。

グループ番号 チャンネル 名前
1 5 + 7 + 9 + 11 FOH Warm
2 17 + 19 + 21 + 23 LX1 Warm
3 25 + 27 + 29 + 31 LX2 Warm
4 33 + 35 + 37 + 39 LX4 Warm
5 1 + 3 + 13 + 15 Box Warm
6 すべての奇数チャンネル All Warm
7 6 + 8 + 10 + 12 FOH Cold
8 18 + 20 + 22 + 24 LX1 Cold
9 26 + 28 + 30 + 32 LX2 Cold
10 34 + 36 + 38 + 40 LX4 Cold
11 2 + 4 + 14 + 16 Box Cold
12 すべての偶数チャンネル All Cold

 

作業が済むと、Group プールは以下のようになるでしょう。


完了した Group プール


 

次のページ では、最初のキューを作ります。