オブジェクトの配置(整列)

MA 3D では、3D オブジェクトの自動配置が可能です。配置したいオブジェクトを、Ctrl + マウスクリックで選ぶか、Assets ツリーで複数選択してください。メニューの 'Functions - Arrangement' で Arrangement ウィンドウが開きます。

オブジェクトは以下のように配置することができます。
・X、Y、Z 軸に沿って移動
・X、Y、Z 空間上の円周に沿って移動
・2Dマトリクス上に配置
卓での配置機能と同様に、オブジェクトは原点に対して配置されます。
・<、>、><、および <>
'Relative' がチェックされていると、'Apply' ボタンが押されるたびに、配置の値が設定分だけ増加します。
注意: 'Relative' をチェックしていないと原点は 0,0,0 に、そうでない場合はそれ自身の位置となります。
例: いくつかのオブジェクトを、Stage View の原点(0,0,0)に挿入します。
'Move' および 'Align <' 機能により、X 軸に沿ってオブジェクトを配置します。

'Matrix (2D)' 機能によって、オブジェクトをマトリクス状に配置します。