ファイルサーバの設定

このトピックの内容

セッションのマスターは、ネットワーク内のファイルサーバに接続できます。

利用可能な3種類のサーバシステムがあり、それらについて以下で説明します。

Backup メニューで Setup Server ボタンをタップし、"Connection Type" というドロップダウン・メニューでサーバの種類を選択してください。

サーバへの接続に成功すると、指定されたラベルで新しいタブが作られます(後述を参照)。

制限
grandMA2 onPC は、セッションマスターになれず、サーバに接続できません。
制限
卓には、ファイルサーバをマウントするために十分な空きメモリが必要です。2GBのRAMしか搭載していない卓では、おそらく正常に接続できないでしょう。
制限
サーバのタブは、セッション内のマスターだけが使用できます。

FTP

FTPの設定では、FTPサーバに接続する必要があります(ポート21を使用)。

下のようなポップアップが開きます(未設定の状態)


File Server Configuration ポップアップ - FTP モード

緑の入力欄に必要事項を設定してください。以下は、各欄の簡単な説明です。

Label:

これは、サーバを選択するためのタブに表示されるテキストです。

Server Name/IP:

サーバ名またはIPアドレスです。

Subdirectory:

ここでは、サーバの場所にサブディレクトリを追加できます。サーバで選択された場所を使用する場合は、空欄のままにしておきます。この場所には gma2 フォルダが作成され、その中にいくつかのフォルダが作成されます。これは、USBスティックを用いた場合と同様です。

Username:

FTPサーバには、ユーザー名とパスワードを設定することを推奨します。この入力欄で、ユーザ名を設定できます。

Password:

FTPサーバのパスワードを設定するための入力欄です。

 

すべての設定が終わったら、Please ボタンをタップしてください。
Backup メニューや、オブジェクトを保存/エクスポート/インポートするためにタブを選択できる場所に、新しいタブとして表示されます。

 

Shared Folder (Windows)

Windows の場合、共有フォルダ(Shared Folder)を利用できます。

そのためには、Windows コンピュータのフォルダを共有する必要があります。このフォルダは、コンピュータのプライマリドライブに置くことを推奨します。

File Server Configuration ポップアップが開きます。


File Server Configuration ポップアップ - Shared Folder モード

多くの入力欄は、FTP設定の場合と同様です(前述を参照)。

ただし、"Subdirectory" 欄は "Sharename" になっており、ここに共有フォルダ名を入力する必要があります。共有フォルダの場所は、ハードドライブのルート直下でない場合にも必要です。

設定がよければ、サーバをマウントするために Please をタップしてください。
接続に成功すると、指定されたラベルで新しいタブが表示されます。

 

NFS

NFSファイル共有システムは、Sun Microsystems 社によって開発されたもので、主に Unix や Unix ライクなオペレーティングシステム(例: Linux)で利用されています。

NFS の場合、ポップアップの入力欄は少なくなります。


File Server Configuration ポップアップ - NFS モード

LabelServer Name/IP については、前述と同様です。

NFSに固有の入力欄は、NFS Export Path です。これは、ファイルが保存されるサーバ内のパスやディレクトリです。

設定がよければ、サーバをマウントするために Please をタップしてください。
接続に成功すると、指定されたラベルで新しいタブが表示されます。