ライトのビーム(円錐)

従来のスポットやウォッシュライトに対する円錐

パラメータ:


回転軸と同様に、ビーム(円錐)の位置は正方形でマークされています。正方形の中心は円錐の原点(例: _XB)を、法線は方向を示しています。
フィクスチャ・ボディ内の位置は、一時的にボディ内に配置された補助円錐によって決定できます。

円錐の半径は、以下の式で計算できます。

r = tan([最大オープン半径 / 2]) * [円錐の高さ]

通常、円錐はフィクスチャのレンズ穴全体を使用します。正方形は円錐の頂点に置かれます。


2Dにおける円錐の配置

3Dにおける円錐の配置

 

LEDスポットやウォッシュライトに対する円錐台

パラメータ:

フラット・ハウジングのLEDスポットでは、ビームが円錐台になります。
これには、ビームに対する二つのパラメータ(正方形)が必要です。

ビームの方向は、法線によって示されます。


3Dにおける円錐台の配置

上側の四角は _XLD 正方形を、下側の四角は、ビームがカットされる _XLC 正方形を示しています。