ビットマップ・フィクスチャの制御

ビットマップ・フィクスチャをショーにインポートすると、Fixture シートでそれを制御できます。
詳しくは Fixture シート を参照してください。

以下の表では、ビットマップ・フィクスチャの個々のアトリビュートについて説明しています。
フィクスチャやチャンネルの制御に関する基本的な事柄については、フィクスチャの操作 を参照してください。

アトリビュート 説明
Dimmer ディマー・インテンシティを制御。
Mix Color (RGB) 赤、緑、青を制御。
HSB (Hue, Saturation, Brightness) 色相、彩度、明度を制御。HSB は、選択されている RGB 値のカラー補正。
VObj (= Video Object) Images ビットマップ・フィクスチャのためのイメージをイメージ・プールから選択(画像と動画のインポート を参照)。
重要: イメージ・プールにあるイメージが少ない場合でも、100個のイメージがデフォルトで表示されます。
VObj Output ビットマップ・フィクスチャのためのレイアウトをレイアウト・プールから選択(レイアウト を参照)。
重要: レイアウト・プールにあるレイアウトが少ない場合でも、100個のレイアウトがデフォルトで表示されます。
VPos (= Video Position) Layout View の相対的なx、y、z軸上でイメージ位置を移動。二つのイメージが重なる場合、z軸値の小さい方が前面になります。
VRot (= Video Rotation) イメージをz軸で回転。CX (= Center X) と CY (= Center Y) の組み合わせによって、z軸の回転中心が Layout View に対して相対的に動きます。0 はz軸の中心です。
VImg (= Video Image) 動画イメージの選択: (下のスクリーンショットを参照)
Tile -: 後ろにイメージを追加。2番目のイメージ毎に反転。
No Tile: イメージを追加しない。
Tile +: 後ろにイメージを追加。
VPlayer (= Video Player) Playmode 動画の再生モードを選択:
Loop: エンドレスにループ再生。
Play: 1回再生し、最後のフレームで停止。
Play and Off: 1回再生し、最後のフレームでフェードアウト。
Pause: 動画クリップを休止。
VPlayer Speed 再生中動画のスピードを制御。
VScale (= Video Scale) x、y軸上での画像スケール。
1:1
1:-1 反転
VPreset (= Video Preset) Mode 動画プリセット・モードの選択
Dimmer (ディマーフィクスチャのみに対するデフォルト)
RGB + Dim
RGB (RGB使用フィクスチャに対するデフォルト)
Preset Types プリセット・タイプ VP1、VP2 の二つのプリセット間で動作中のビットマップ・フィクスチャ。
VPreset VP1 Low 値(黒)のプリセット・プール・インデックスを設定。例: 1 (= 赤);
VPreset VP2 High 値(白)のプリセット・プール・インデックスを設定。例: 2 (= 緑)
重要
VPlayer でビデオクリップを休止してから、Play または Loop をタップした場合、クリップは最初から再生されます。

すべてのアトリビュートを変更後、キューに保存できます。
詳しくは キューとシーケンス を参照してください。

VImg アトリビュートの例


VImg アトリビュート によるタイリングなしのビットマップ

 


VImg アトリビュート Tile + でx方向にタイリング

 


VImg アトリビュート Tile - でx方向にタイリング

 


VImg アトリビュート Tile - でx方向、Tile - でy方向にタイリング

 


VImg アトリビュート Tile + でy方向にタイリング

 


VImg アトリビュート Tile - でy方向にタイリング

 


VImg アトリビュート Tile + でx方向、Tile + でy方向にタイリング