DHCPクライアントの有効化

ネットワークにDHCPサーバがある場合、自動的にIPアドレスを取得できるように、スイッチのDHCPクライアントを有効にしてください。

利用可能なDHCPサーバない場合、以前に割り当てられていたIPアドレスが用いられます。

必要条件

  1. MA Network Configuration を開きます。
    Setup を押し、Network タブで MA Network Configuration をタップしてください。
  2. Network Switch をタップします。

MA Network Configuration - Network Switch
  1. DHCP client enabled 列で、表示が Yes となるようにセルを長押ししください。

DHCPクライアントが有効になり、設定がスタートアップ・コンフィグレーションに保存されます。


MA Network Configuration - Network Switch - DHCP を Yes にする

IP ETHERCON 1(ETH0) 列には、使われているDHCPのIPアドレスが表示されます。
また、IP ETHERCON 1(ETHO.1) 列には、MA Network Switch のデフォルトIPアドレスが表示されます。

DHCP が有効になっていると、DHCP IPアドレスだけで MA Network Switch に到達できます。

ヒント
コマンドラインから、DHCPクライアントを有効にすることもできます。
・コマンドラインのデスティネーションを NetConfig/Network Switch 8 に変更します。
詳しくは ChangeDest キーワード を参照してください。
・コマンドラインに Assign 1 / DHCPclientenabled = "Yes" と入力してください。
NetworkSwitch 1 のDHCPクライアントが有効になります。