MA Network Switch のグループの編集

このトピックでは、種々のグループ設定と グループの編集方法 について説明します。

以下のオプションを編集できます。


Group Name

Trunk と Manage を除いたすべのグループの名前を変更できます。見やすいように、それぞれのグループ名が異なる色で表示されます。

重要
グループ名は全体を見やすくするためのラベルで、VLAN には影響しません。

IGMP Snooping

IGMPスヌーピングは、余分なマルチキャスト・パケットで溢れないように、それを必要としてポートにのみパケットを配信するための機能です。
これは、マルチキャスト・パケットを管理し、登録されたポートに転送するスマートな方法です。

IGMP Snooping は、デフォルトでは無効になっています。

ヒント
既知のマルチキャスト・ネットワーク・パケットだけを転送するには、IGMP Snooping と IGMP Querier を有効にしてください。Unknown Flooding は無効になります。

IGMP Querier

重要
IGMPスヌーピングは、その機能を確実にするクエリアとして振る舞うために、グループ(VLAN)に少なくとも一つスイッチを必要とします。

クエリアは、マルチキャスト・パケットを対応するポートに登録します。
複数クエリアがグループごとに有効になっている場合、最も低いIPアドレスを持つスイッチがクエリアとして選ばれます。
この選定処理は、自動的に行われます。

IGMP Querier は、デフォルトで無効になっています。


Unknown Flooding

Unknownフラッディングは、スイッチが接続を検出していないアドレス宛の、マルチキャスト・フレームに対するものです。
この場合、スイッチは、そのフレームをすべてのポートに転送するために、フラッディング・マスクを使用します。

Unknownフラッディングは、すべてのグループに対してグローバルに有効/無効化できます。
Unknown Flooding は、デフォルトで有効になっています。

ヒント
既知のマルチキャスト・ネットワーク・パケットだけを転送するには、IGMP Snooping と IGMP Querier を有効にしてください。Unknown Flooding は無効になります。

VLAN ID

Trunk を除くすべてのグループには、デフォルトの VLAN ID があります。
既存のネットワークでスイッチを動作させるには、グループの VLAN ID を変更する必要があります。
グループ1〜6の VLAN ID を変更できます。グループ8 (= Manage グループ)の VLAN ID は、1に固定されています。
使用可能な VLAN ID は、1〜4094です。

グループ デフォルト VLAN ID
1 100
2 200
3 300
4 400
5 500
6 600
重要
グループの VLAN ID を変更する場合、このグループを用いる各スイッチの VLAN ID を変更する必要があります。相互通信するグループの VLAN ID は、同じでなければなりません。
グループの VLAN ID が異なっていると、互いに通信できません。

グループの編集

必要条件

グループの編集は、以下のようにしてください。

  1. MA Network Configuration を開きます。
    Setup を押し、Network タブで MA Network Configuration をタップしてください。
  2. Network Switch をタップします。

    MA Network Configuration - Network Switch
  3. 編集したい MA Network Switch の行でセルをタップし、Edit Groups をタップしてください。
    Configure Switch Groups ポップアップが開きます。

    Configure Switch Groups ポップアップ
  4. 編集したいセルを長押しするか、セルをタップしてから画面エンコーダを押してください。
  5. グループを編集し、Please を押すか Please をタップしてください。

グループが設定され、スタートアップ・コンフィグレーションに保存されます。