座標システム

MA 3D の幾何システムにより、3D空間内でオブジェクトを定義し操作することができます。X-Y 平面が床、Z 軸を高さ方向として定義されています。すべてのオブジェクトは、全体またはそれ自身のオブジェクト軸に沿って移動したり回転したりできます(Stage View を参照)。以下に示すように、ツールバー・ボタンやキーボードによって、全体軸またはオブジェクト軸を切り替えられます。

操作要素 3D View でのシンボル 説明
全体軸

または Ctrl + W

全体軸に沿ってオブジェクトを移動できます。
 
全体軸に沿ってオブジェクトを回転できます。
オブジェクト軸

または Ctrl + O

オブジェクト軸に沿ってオブジェクトを移動できます。
 
オブジェクト軸に沿ってオブジェクトを回転できます。