カスタム3Dモデルの作成

3Dオブジェクトは、3D CAD プログラムで作成できます。ポリゴンごとに投影の計算が必要なため、ポリゴンの総数はパフォーマンスに影響します。ポリゴン数が少ないほどフレームレイトが高くなります。

MA VPU は、3Dオブジェクトに対して、以下のフォーマットをサポートしています。

以下の規則に注意してください。

以下の例では、'Cinema 4D' (MAXON Computer GmbH) によって半割の円筒を作成しています。

'Cylinder' タイプのオブジェクトを挿入します。
方向を 'Y+' に設定します。MA VPU で正確に視覚化するために、Y を垂直軸、X を水平軸にします。
オブジェクトを編集可能にします。
使用しないポリゴンを選択し…
それらを削除します。
表示設定をノーマル・オンにします。
オブジェクトをコピーし…
そのコピーの法線を逆にします。
両方の Cylinder オブジェクトを選択し、それらを新しい一つの Cylinder につなげます。
古い Cylinder オブジェクトは削除できます。
これで、両方向に法線を持つ二つオブジェクトを見ることができます。
結果オブジェクトの方向を確認します。
テクスチャ用に新しいマテリアルを挿入します。
テクスチャに画像を、またオブジェクトにマテリアルを割り当てます。
テクスチャ・マッピングのパラメータを調整します。
テクスチャ・マッピングのUV座標を割り当てます。
オブジェクトを Direct 3D フォーマットでエクスポートしてください。
このようにして作成されたオブジェクトは、'3D Objects' ビューの右クリックメニューによって 'Channel Set' に追加できます。
注意:
より新しいリリースの Cinema4D のエクスポート・オプションでは、3Dオブジェクトを VPU で見えるようにするために、"Save Templates" をオフにする必要があります。