日付と時刻

卓は、現在の日時を知る必要がある場合があり、またその位置を必要とする場合もあります。これらの設定は、アジェンダ を利用する場合に重要です。
詳しくは アジェンダ を参照してください。

日付と時刻の設定は、Setup -> Console -> Date & Time にあります。


Date & Time ウィンドウ

Date と Time

日時を設定するには、Hour、Minute、Second および Day、Month、Year の緑色ボックスをタップしてください。現在の値を入力できる電卓が開きます。

重要
卓がNTPサーバやGPSに接続していると、そこから取得された日時に同期します。この場合、手動による設定はできません。NTPサーバとGPSについては、後述を参照してください。

 


Location

Location タブでは、現在のタイムゾーンと、経度/緯度を入力できます。

タイムゾーンは、国際標準のGMTまたはUTCを参照します。緑のボックスをタップすると電卓が表示されますので、現在のタイムゾーンを入力してください。例えば、中央ヨーロッパは1、ニューヨークは-5、日本は9です。

Longitude (経度)と Latitude (緯度)の緑ボックスをタップすると、現在位置を入力できます。
デフォルト地点(9.94 - 49.79)は、ドイツ、ヴュルツブルクの中心です。
Longitude (経度)が0より大きい場合は北半球に、0よりも小さい場合は南半球になります。
また、Latitude (緯度)が0より大きい場合はグリニッジ(ロンドン)の東に、0より小さいの場合はグリニッジの西になります。


Daylight Saving

サマータイム(daylight saving)は、太陽が出ている時間帯を有効利用するために、夏の間は標準時から時計を1時間進め、秋にまた元に戻すという制度です。

緑のボックスで、サマータイム開始/停止の日、月、およびシフト時間を設定します。

サマータイム設定の有効/無効を切り替えるには、Daylight Saving Enable をタップしてください。


NTP

NTP (Network Time Protocol)は、時刻同期のためのネットワーク・プロトコルです。NTPサーバは世界中にありますが、近くにあるサーバを見つけた方がよいでしょう。

 

重要
この機能を利用するには、インターネットに接続しているステーション(onPC)か、NTPサーバに接続しているステーションが、セッション内にある必要があります。

 

NTP info をタップすると、ポップアップが開きます。


NTP info ポップアップ

セッション内のすべての卓をNTPサーバに同期させるには、以下のようにしてください。これは、NTPサーバに接続しているステーションで行う必要があります。

  1. 緑の欄をタップし、IPアドレスまたはNTPサーバ名を入力します。
  2. Sync with NTPEnableとなるようにタップしてください。

サーバに接続すると、ポップアップの下部に NTP server found: Received Time stamp と表示されます。

ヒント
上の例のIPアドレスは、onPC でインターネット接続したバージニア工科大学のNTPサーバです。

 


Daylight info

日の出、日没、夕暮れ、夜明けの情報を、位置やタイムゾーンをもとに取得するには、Daylight Info をタップします。


Daylight info ポップアップ

これらの時刻は Agenda で用いられます。

 


GPS

GPS をタップすると GPS ポップアップが開きます。

重要
GPS機能を利用するには、NMEA 0183 (4800/8-N-1)フォーマットの USB GPSレシーバが接続されている必要があります。

GPS info ポップアップ

システムでGPSを使用するには、下位のようにしてください。

  1. GPSをUSBポートの一つに接続してください。
  2. GPS が Enabled になるようにタップします。
  3. [オプション] Sync with GPS をタップして、システム時刻を GPS UTC時刻に同期させます。Enabled と表示されるまでタップしてください。手動での時刻設定できなくなります。
  4. [オプション] TimezoneAuto になるようにタップし、GPS がタイムゾーンを管理できるようにします。手動でのタイムゾーン設定できなくなります。

GPSマスターは、GPSが接続されている卓を参照します。