EDID Manager

EDID (Extended Display Identification Data) は、ディスプレイがその機能をソースデバイスに伝えるために標準化された通信方式です。これによって VPU は、どのような種類のモニタが接続されているかを知ることができます。EDID には、メーカ名、シリアル番号、製品タイプ、蛍光体やフィルタのタイプ、ディスプレイによってサポートされるタイミング、ディスプレイのサイズ、輝度データおよびピクセルマッピングデータ(デジタルディスプレイの場合のみ)が含まれています。

残念ながら、一部のLEDウォールでは EDID データが提供されないため、VPU ソフトウェアは正しい解像度とリフレッシュレートを用意できません。またモニターが再接続された場合、正しい解像度とリフレッシュレートを設定し直す必要があります。

これらの問題を回避するため、VPU のDVI出力には追加のハードウェアが装備されています。EDID チップは、VPU ハードウェアに一般的な分解能とリフレッシュレートを提供します。


EDID がシミュレートされている場合、DVI OUT コネクタの近くにあるスイッチが青点灯します。

VPU がオンになり、出力2のみが接続されている(EDID 信号が検出された)場合、この出力が論理出力1になります。2番目のモニタが出力1に接続されている場合(または EDID 1 がオンの場合)、これは論理出力2に割り当てられます。出力1のモニタ(または EDID 信号がオン)だけで VPU が再起動されると、この状況を元に戻せます。

EDID チップは、以下のDVI解像度とリフレッシュレートを提供します。他の値は無効です。

H V リフレッシュレート / Hz H V リフレッシュレート / Hz
640 480 50      
      1280 800 60
640 480 59      
      1280 1024 50
640 480 60      
      1280 1024 60
720 480 59      
      1400 1050 50
720 480 60      
      1400 1050 60
720 576 50      
      1440 900 60
800 600 50      
      1600 1200 50
800 600 60      
      1600 1200 60
1024 768 50      
      1680 1050 59
1024 768 60      
      1680 1050 60
1280 720 24      
      1920 1080 24
1280 720 25      
      1920 1080 25
1280 720 29      
      1920 1080 29
1280 720 30      
      1920 1080 30
1280 720 50      
      1920 1080 50
1280 720 59      
      1920 1080 59
1280 720 60      
      1920 1080 60