Crossfade キーワード

Crossfade は、エクゼキュータに割り当て可能な機能です。

このキーワード実行するには、コマンドラインに Crossfade またはショートカットの Cro を入力してください。

構文

Assign Crossfade (At) [エクゼキュータ・リスト]

Crossfade [値] [エクゼキュータ・リスト] (Fade [秒数])

Crossfade は、フェーダ位置にしたがってエクゼキュータの次ステップへクロスフェードさせるための機能です。

[Channel]> Assign Crossfade At Executor 1 Thru 5

 

[Channel]> Crossfade 70 Executor 1 Fade 3