GoBack キーワード

Go - を押すと GoBack キーワードになります。

あるいは、コマンドラインに GoBack またはショートカットの GoB を入力してください。

説明

GoBack は、実行中のオブジェクトにおいて、前のステップをアクティブにするための機能キーワードです。

オブジェクトがステップを持つ場合は、前ステップに移ります。またステップがないオブジェクトでは、逆方向の実行を開始します

GoBack に対するデフォルトのフェードタイムは、Setup -> Show -> Playback & MIB Timing -> GoBack で設定してください。

構文

GoBack [オブジェクト・リスト] / [オプション] = [オプション値]

オプション

GoBack キーワードで使えるすべてのオプションを一覧表示するには、コマンドラインで以下のように入力してください。

[Channel]> GoBack /?

GoBack キーワードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット オプション値 値ショートカット 説明
cue_mode cm Normal N 通常の GoBack モード。
cue_mode cm Assert A 元のタイミングでアサートします。
cue_mode cm XAssert XA 現在のキューのタイミングでアサートします。
cue_mode cm Release R フェードインが完了したらエクゼキュータをオフにします。
userprofile upr "ユーザプロファイル名"、例: "Klaus" なし 特定のユーザプロファイルによる通常の GoBack モード

[Channel]> GoBack Executor 3