Kill キーワード

Top Top と押すと Kill キーワードになります。

あるいは、コマンドラインに Kill またはショートカットの K を入力してください。

説明

Kill は、すべての他のエクゼキュータ・オブジェクトもオフにする Go+ 機能です。適用したエクゼキュータに対しては通常の Go+ 機能と同様に働きますが、その他のすべてのエクゼキュータに対して、Kill Protect (Assign メニューを参照)によって保護されていなければ、Off コマンドを送ります。

構文

Kill [エクゼキュータ・リスト] /[オプション] = [オプション値]

オプション

Kill キーワードで使えるすべてのオプションを一覧表示するには、コマンドラインで以下のように入力してください。

[Channel]> Kill /?

Kill キーワードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット オプション値 値ショートカット 説明
cue_mode cm Normal N 通常の Kill モード。
cue_mode cm Assert A 元のタイミングでアサートします。
cue_mode cm XAssert XA 現在のキューのタイミングでアサートします。
cue_mode cm Release R フェードインが完了したらエクゼキュータをオフにします。
userprofile upr "ユーザプロファイル名"、例: "Klaus" なし 特定のユーザプロファイルによる通常の Kill モード

エクゼキュータ1で次キューに移り、他のエクゼキュータはオフにします。

[Channel]> Kill Executor 1