- [Minus] キーワード

 - [Minus] は、様々な機能を持つ補助キーワードです。

このキーワード実行するには、コマンドラインに - を入力してください。

構文

- [Minus] は、リストからオブジェクトを除いたり、負の値を表したりするために用いられます。

値を表すために用いられた場合、絶対値または相対値を表せます。
- と値の間に空白を入れると相対指定になります。この場合、値が指定されていないと、値として 1 が用いられます。
空白がない場合は絶対値とみなされます。

例えば、Pan アトリビュートに - 10 という値を与えると、現在位置から10°減じられます(相対指定)。
一方、Pan アトリビュートに -10 という値を与えると、Pan が -10°に設定されます。
空白の有無による違いに注意してください。

数字キーを用いると、自動的に空白が付加されます。

 

- を開始キーワードとして使った場合、現在のセレクションから除いて、セレクション・リストを作成します。

 

[Channel]> Group 5 - Channel 2

 

[Channel]> At - 10

 

[Channel]> - 5 Thru 7

 

[Channel]> Page -

 

ヒント
卓の - キーによっても、この機能を実行できます。

詳しくは - キーを参照してください。