+ [Plus] キーワード

+ [Plus] は、様々な機能を持つ補助キーワードです。

このキーワード実行するには、コマンドラインに + を入力してください。

構文

+ は、複数のオブジェクトを結合してリストにしたり、相対値を表したりするのに使われます。値を指定しない相対表示に用いた場合、値として 1 が用いられます。

+ を開始キーワードとして使った場合、現在のセレクションに追加して、セレクション・リストを作成します。

 

[Channel]> Delete Cue 1 + 2
[Channel]> At + 5
[Channel]> + 5 Thru 7
[Channel]> Page +

 

ヒント
+ を押すことによっても、この機能を実行できます。

詳しくは + キーを参照してください。