RdmSetParameter キーワード

コマンドラインに RdmSetParameter またはショートカットの RdmS を入力してください。

説明

RdmSetParameter キーワードによって、RDMパラメータをコマンドラインから設定できます。

UIDが指定されていない場合、フィクスチャ・セレクションが用いられます。

RdmSetParameter は機能キーワードです。

構文

RdmSetParameter [パラメータID ] [パラメータ値] / [オプション] = [オプション値]

パラメータID (= PID)

PID名またはPIDの16進数値を用いて、コマンドラインにPIDを入力できます。

重要
メーカ固有のPIDやPID値をコマンドラインに入力する場合は、16進数値を用いてください。メーカ固有のPID名やPID値名は、grandMA2 のコマンドラインから処理できません。

以下の一覧は、対応しているPIDを、コマンドラインやパラメータ値とともに示したものです。

そのRDMデバイスが対応しているPIDのみが処理されます。

PID名 PID 16進数値 PID値名 PID 値16進数値 説明
CLEAR_STATUS_ID 0x0032 なし --- ステータス・メッセージキューをクリアします。
DEVICE_HOURS 0x0400 32ビット数値 --- デバイス稼働時間の取得または設定。
DEVICE_LABEL 0x0082 ASCIIテキストラベル。最大32文字。 --- デバイス毎に説明ラベルを設定。
DEVICE_POWER_CYCLES 0x0405 電源投入回数(32ビット) --- 電源投入回数の取得または設定。デバイスによっては、この操作に対して GET_COMMAND のみしか対応していないため、電源投入回数を設定できない場合があります。
DISPLAY_INVERT 0x0500 Off
On
Auto
0x00
0x01
0x02
反転表示設定の取得または変更。これは、表示イメージを180度回転させるためによく用いられます。
DISPLAY_LEVEL 0x0501 ディスプレイ明度 メーカ固有、フィクスチャのマニュアルを参照。 ディスプレイ明度設定の取得または変更。
DMX_PERSONALITY 0x00E0

現在のパーソナリティ番号
# of Personalities

--- レスポンダのDMX512パーソナリティを設定。ムービングライトなど多くのデバイスは、さまざまなDMX512パーソナリティを持ちます。多くのRDMパラメータは、パーソナリティの変更による影響を受けます。
DMX_START_ADDRESS 0x00F0 DMX512アドレス(16ビット) --- DMX512 開始アドレスを設定。
FACTORY_DEFAULTS 0x0090 False
True
0x00
0x01
デバイスの設定を、工場出荷時のデフォルトに戻します。
IDENTIFY_DEVICE 0x1000 Off, Stop
On, Start
0x00
0x01
UIDで表されるデバイスを物理的に識別。
LAMP_HOURS 0x0401 点灯時間(32ビット) --- 点灯時間の取得、または特定の開始値をカウンタに設定。
LAMP_ON_MODE 0x0404 LAMP_ON_MODE_OFF
LAMP_ON_MODE_DMX
LAMP_ON_MODE_ON
LAMP_ON_MODE_AFTER_CAL
メーカ固有モード
0x00
0x01
0x02
0x03
0x80〜0xDF
ランプオン・モードの取得または変更。ランプオン・モードは、点灯条件を決めます。
LAMP_STATE 0x0403 LAMP_OFF
LAMP_ON
LAMP_STRIKE
LAMP_STANDBY
LAMP_NOT_PRESENT
LAMP_ERROR
メーカ固有ステータス
0x00
0x01
0x02
0x03
0x04
0x7F
0x80〜0xDF
現在のランプ稼働状態の取得または変更。
LAMP_STRIKES 0x0402 点灯回数(32ビット) --- 点灯回数の取得、またはカウンタの開始値を設定。
LANGUAGE 0x00B0 アルファベット2文字による ISO 639-1 言語コード --- メッセージの言語を変更。
PAN_INVERT 0x0600

Off
On

0x00
0x01
Pan反転設定の取得または変更。
PAN_TILT_SWAP 0x0602 Off
On
0x00
0x01
Pan/Tilt入れ替え設定の取得または変更。
PERFORM_SELFTEST 0x1020 SELF_TEST_OFF
メーカ・テスト
SELF_TEST_ALL
0x00
0x01〜0xFE
0xFF
デバイスの自己診断ルーチンを実行。
POWER_STATE 0x1010 POWER_STATE_FULL_OFF
POWER_STATE_SHUTDOWN
POWER_STATE_STANDBY
POWER_STATE_NORMAL
0x00
0x01
0x02
0xFF
電源状態の取得または変更。
REAL_TIME_CLOCK 0x0603 年(16ビット)、月、日、時、分、秒 --- デバイスのリアルタイム・クロックの取得または設定。
RECORD_SENSORS 0x0202 センサー番号 --- 負荷変化を監視するディマー・ラックのようなデバイスに対して、センサー変化を監視するために現在の値を保存するように指示します。
RESET_DEVICE 0x1001 ウォームリセット
コールドリセット
0x01
0xFF
レスポンダのリセット。
SENSOR_VALUE 0x0201 センサー番号、現在値(16ビット)、最低検出値(16ビット)、最高検出値(16ビット), 記録値(16ビット) --- センサーデータの取得またはリセット。
TILT_INVERT 0x0601 Off
On
0x00
0x01
Tilt反転設定の取得または変更。

オプション

RdmSetParameter キーワードで使えるすべてのオプションを一覧表示するには、コマンドラインで以下のように入力してください。

[Channel]> RdmSetParameter /?

RdmSetParameter キーワードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット オプション値 説明
multipatch m 0 = すべてのフィクスチャ対するマルチパッチ
1 = 1台のフィクスチャに対するマルチパッチ
以下同様
マルチパッチ・インデックスを設定。
UID なし 例: "43500F019FCB" RDMパラメータを送るデバイスの RDM UID を設定。

[Channel]> RdmSetParameter dmx_start_address 3 / UID = 43500F019FCB

 

[Channel]> RdmSetParameter invert_display 1