Thru キーワード

Thru を押すと Thru キーワードになります。

あるいは、コマンドラインに Thru またはショートカットの T を入力してください。

説明

Thru は、オブジェクト/値の範囲を参照するための補助キーワードです。
先頭や末尾を省略した場合は、利用可能な先頭または末尾のオブジェクト/値が用いられます。

構文

[Start of range] Thru [End of range]

[Channel]> Fixture 3 Thru 6

 

[Channel]> Fixture Thru 10

 

[Channel]> Delete Cue 3 Thru

 

[Channel]> Fixture Thru

 

[Channel]> Off Thru