CITPのストリーミング

CITPは、ビデオフィードをネットワーク経由でストリーミングするために利用できます。

このビデオストリームは、MA卓と onPC の CITP Video Viewer ウィンドウで表示できます。このウィンドウを作成するには、Create Basic Windows ポップアップの Other タブで CITP Video Viewer を選んでください(ウィンドウの管理 を参照)。

MA 3D では、サーフェス上に CITPストリームを表示できます。

 

卓や onPC のビューアでビデオストリームを表示するには、そのための設定が必要です。

卓/onPCで、CITP が有効になっていることを確認してください(CITP の利用 を参照)。

左上隅の をタップすると、Options ポップアップが開きます。


CITP Video Viewer Options - アクティブな CITPストリーム・ソース

ここには、ストリーミングが可能なすべてのCITPサーバが一覧表示され、それらのIPアドレス、ポート、名前、接続状態を確認できます。

下部には二つのボタンがあります。左のボタンでは、要求するフレーム/秒を設定できます。実際のフィードは、これより速くても遅くてもかまいません。右のボタンは、ビューアの表示内容を選択するために用いられます。これは、レイヤまたは(MA VPU の)出力になります。

選択したソースとレイヤー/出力によって、ビューアがそのストリームを表示できます。

 

ビューアの表示は、下のようになります。


CITP Video Viewer - フィードの表示

このウィンドウのメインパートには、ビデオストリームが表示されます。

タイトルバーには、CITPソースが表示されます。上の画面例では、MA VPU がソースです。また、表示されているのがレイヤなのか出力なのかも確認できます。

タイトルバーには、二つのボタンがあります。最初のボタンには、実際のフレーム/秒と、要求されたものが表示されています。2番目のボタンでは、ライブビデオ表示を開始/停止できます。

この機能は、MA VPU、MSEX Lord、Green Hippo Hippotizer、PRG MBOX、Arkaos MediaMaster、および Coolux Desktop Streamer でテストされています。