セッションの競合

ある時点で、セッションの競合が発生する可能性があります。

これは、2台のステーションが、同じセッションのマスターになろうとしたときに起こります。

ネットワーク・ケーブルの障害、スイッチの不良、またはネットワーク・ケーブルを手動で抜き差しした場合などに発生します。

これが起こると、セッションが二つパートに分割されます。

一つは、元のセッションから抜けたステーションで、まだなければマスターになります。

もう一方のパートは、元のセッションに残っているステーションです。セッションにはマスター卓が必要なため、抜けたステーションがマスターだった場合、残ったステーションの一つが新しいマスターになります。

 

二つのパートが再接続されると、二つステーションがマスターになろうとする状況が生じます。システムは、この状況で何が正しいかを自動的に決定することができません。

この場合、下のような警告が出て、決定を求められます。


Session Collision ポップアップ

ここには、セッション番号と名前、セッションの競合が発生した卓のIPアドレス、そしてセッション速度が表示されます。

このポップアップの下部には、以下の三つのボタンがあります。

 

このウィンドウは、いずれかのボタンが押されるまで、すべての画面に表示され続けます。

マルチユーザ環境で作業している場合、セッションの競合が生じたときにどうするかを、あらかじめ話し合っておくとよいでしょう。