grandMA2 onPC の詳細

grandMA2 onPC でのみ利用できる特別なメニューがあります。

"Command" 画面で左上隅の をクリックすると、下のようなメニューが開きます。


grandMA2 onPC メニュー

このメニューには、以下の項目があります。

 

オプション

onPC のオプションは、以下の三つのタブに分かれています。

 

View タブ

このタブには、複数のオプションがあります。

Mode オプションでは、onPC 画面がどのように扱われるかを設定します。これを変更した場合、onPC ソフトウェアを再起動する必要があります。オプションは以下の通りです。

 

Windows Frames は、On/Off オプションです。これは、onPC 画面の周りに通常のウィンドウ枠を表示するかどうかを設定します。このオプションの変更は、onPC ソフトウェアの再起動後に有効になります。

 

Encoder Style は、エンコーダの外観と動作を変更します。以下の二つの選択肢があります。

 

Resolution on External 1Resolution on External 2 で、対応する二つの画面の解像度を設定できます。タップすると、利用可能なすべての解像度のリストが開きます。

 

CmdWing Bar オプションは、Screen 2 の下部をどのように表示するかを切り替えます。卓の外観に合わせるか、Command Wing バーをオンにするかを選べます。
詳しくは Command Wing バー を参照してください。

 

Misc. タブ

ここにあるのは、Priority というオプションだけです。以下の二つの選択肢があります。

 

MIDI タブ

onPC の MIDI 設定に関する三つのオプションがあります。

MIDI from OnPC Command Wing というオプションがあり、接続された onPC command wing のMIDI入出力のオン/オフを切り替えられます。

 

次の二つオプションでは、コンピュータに接続されたMIDIデバイスが必要です。

MIDI In Device では、MIDI入力に使用されるMIDIデバイスを選択できます。

MIDI Out Device では、MIDIを出力するMIDIデバイスを選択できます。

 

 

キーボード・ショートカット

"Ins" キーを押すと、キーボード・ショートカットを有効にできます。
詳しくは キーボード・ショートカット を参照してください。

 

Wings

Version 3.3以降では、onPC の起動後にウィングを再起動する必要があります。ウィングに接続すると、下のような Confirm ポップアップが表示されます。


Original hardware Confirm ポップアップ

残念ながら、市場には偽造品が増えています。Ma Lighting は、オリジナルのハードウェアの使用を確認する権利を留保しています。これは、ハードウェアとソフトウェアの継続的な開発を保証するために行われます。

ウィングの使用を続行するには、Yes をタップしてこれを受け入れる必要があります。No をタップした場合は、別のポップアップが表示されます。


Second Original hardware Confirm ポップアップ

接続されたウィングは、最初のポップアップが受け入れられない限り使用できません。

 

1台の grandMA2 onPC には、1台の grandMA2 onPC command wing と、2台の grandMA2 onPC fader wing を接続できます。

2台の grandMA2 onPC fader wing が接続されている場合、それらを識別する必要があります。これは、Setup->MA Network Configuration->onPC で行います。
ここには、Identify Fader 1Identify Fader 2 という二つのボタンがあります。これらの一つをタップしてからウィングでキーを押すと、そのウィングがシステムで識別されます。これは、同じ onPC に2台のウィングが接続されている場合にのみ必要です。

 

Wing & Monitor Setup では、各ウィングが、15のエクゼキュータのうちどのブロックを扱うかを設定できます。検出されたハードウェアには、緑のチェックマークが表示されます。