RDMセンサーの操作

RDMフィクスチャがマッチすると、以下のことが可能になります。


RDM シートによるRDMセンサーの監視

以下の例では、RDMセンサーの監視方法を説明します

必要条件

  1. ユーザ定義エリアの空いている場所をタップし、Sheets タブで RDM をタップしてください。
  2. RDM シート が開きます。

    RDM sheet - センサー
  3. センサーを表示するには、タイトルバー右端のボタンをタップして Sensor または Parameters and Sensors にしてください。

デフォルトでは、送信されたセンサーデータは、RDM シートの一番右側に表示されます。

ヒント
RDMInfo キーワード を用いて、RDMセンサーを監視することもできます。

Edit Setup によるRDMセンサーの監視/ RDMセンサーのリセット

以下の例では、RDMセンサーのリセット方法を説明します。これは、Edit Setup によってRDMセンサーを監視する方法でもあります。

  1. Setup を押し、Show タブで Patch & Fixture Schedule をタップすると、Edit Setup が開きます。
  2. 右下隅の RDM devices をタップすると、RDM Devices ウィンドウが開きます。

    RDM Devices ウィンドウ
  3. リセットしたいセンサーのフィクスチャタイプを Discovered RDM FixtureTypes でタップして選択してください。
    選択されたフィクスチャタイプのフィクスチャが、RDM Devices ウィンドウの右側に一覧表示されます。
  4. 画面右側の一覧でフィクスチャをタップして選択してください。
  5. RDM Info をタップすると、RDM Parameters ウィンドウが開きます。
  6. 画面右側の Sensors をタップしてください。このウィンドウには、監視するためにRDMデバイスのセンサーに送信されたデータが表示されます。

    RDM Sensors ウィンドウ
  7. センサーの Low および High 値をクリアするには、一覧のセンサーで Reset Sensor をタップしてください。

センサーがリセットされます。