Telnet リモート

grandMA2 は、Telnet を介してリモートコントロールできます。

これによって、コマンドラインにアクセスできます。ステーションのコマンドラインでローカルに実行できるコマンドは、Telnet 接続からも実行できます。

 

Telnet リモートを行うには、Setup -> Console -> Global Settings で有効にしておく必要があります。
Login DisabledLogin Enabled という二つの選択肢を持つ、"Telnet" という設定項目があります。

Telnet が有効になっていると、ステーション(卓または onPC)に、そのIPアドレスとポート番号30000で到達できます。デフォルトの Telnet ポート23は使用しないでください。

このIPアドレスとポート番号によって、コマンドラインにアクセスできます。

ヒント
ポート30001を使用すると、System Monitor への読み取り専用アクセスが可能でます。

 

PuTTy のような Telnet プログラムを使用すると、grandMA2 からのフィードバックが下のように表示されます。


PuTTy - Telnet フィードバック

フィードバックには表示されていても、実際にはデフォルトの guest ユーザとしてログインしていません。

コマンドをシステムに送る前に、ショー内のユーザの一人に対する Login コマンドが必要です。

ヒント
Telnet で grandMA2 システムを制御する場合は、Telnet コマンド用の特別なユーザを作成することをお勧めします。
なお、Telnet 接続では、ユーザ名とパスワードで、大文字小文字が区別されることに注意してください。

ログインすると、システムにコマンドを書き込むことができます。

制限
Telnet 接続から Patch & Fixture Schedule にアクセする場合は、細心の注意を払ってください。 他ユーザのためのアクセスがロックされますが、それについての警告は出ません。