リリースノート - Version 2.3

Version 2.3

2011-06-2 リリース

重要
  • grandMA2 のリリース・バージョン2.3へのアップデートによって、値とエフェクト値が分離されました。そのために、古いショーファイルは、100%の互換性を持たないかもしれません。新しいバージョンで実際に使用する前にショーファイルを調べてください。
  • dimMAシステムをバージョン6.x未満のものからアップデートしたい場合は、MAのディーラーか、あるいはMAに直接連絡して、アップデート情報を得てください。dimMAソリューションへの接続にgrandMA2を使用している場合は、連絡してください。卓のアップデートにはNDPのアップデートが必要です。また逆の場合も同様です。
  • onPC および 3D の現バージョンには、少なくとも Windows XP® Service Pack 3 が必要です。また Microsoft® .NET Framework (4.0)がインストールされている必要があります。

主な概要

 

バグフィックス・リリース Version 2.3.1.1

2011-07-27 リリース

Version 2.3.0.3

2011-06-27 リリース

新機能の詳細

 

バグフィックスおよび改善された機能

付記

シーケンスにおける 'Speed' と 'Rate' の使い方
  1. シーケンス・エクゼキュータに割り当てられたレイト・フェーダやシーケンス・プレイバック・バーのレイト・エンコーダによって、すべてのキュー・フェードタイムを、それらにプログラムされているタイミングに対して変更できます(Rate > 1 ならより速く、Rate < 1 ならより遅く)。Assign メニューで "Effect Speed" オプションが有効な場合、レイト・フェーダは、キューに保存されているエフェクトのスピードも変更します。エクゼキュータをオフにすると、レイト・フェーダはそのデフォルト値(1:1)に戻ります。エクゼキュータを再びオンにする前に、新しいレイト値を設定できます。
  2. シーケンス・エクゼキュータに割り当てられているスピード・フェーダは、このキューに保存されているエフェクトのスピードにのみ関連します。シーケンス・エクゼキュータがチェイサーとして動作している場合、スピード・フェーダはチェイサーのスピードも制御します。シーケンスのエクゼキュータをオフにすると、スピード・フェーダはデフォルト値(60BPM/1Hz/1sec)に戻ります。シーケンス・エクゼキュータがチェイサーとして動作している場合、スピード・フェーダはデフォルトに戻りません。
  3. 結果として、レイト・フェーダとスピード・フェーダがシーケンス・エクゼキュータに割り当てられている場合、レイト・フェーダはキュー間のフェードタイムを、またスピード・フェーダはエフェクトを管理します(Assign メニュー内の "Effect speed" オプションがオフの場合)。
  4. 個別レイトおよびスピード・フェーダの代わりにレイト・マスターとスピード・マスターを割り当てた場合、エクゼキュータをオフにした際にデフォルトにリセットされることを除いては、それらに違いはありません。
キューのレイヤやアトリビュート削除に関する注意

"store /remove" コマンド、あるいは [store][cue][2] を押しポップアップで [remove] を選択すると、何らかの値を持つフィクスチャに対するすべてのレイヤ、あるいはプログラマでアクティブなアトリビュートのエフェクト・レイヤを持つアトリビュート全体を削除します。保存されたエンコーダバーのボタンを用いることによって、値、値タイミングまたはエフェクトを削除することだけをフィルタリングすることができます。 例えば 個別のエフェクト・フェードなど、特定のレイヤだけを削除するには、これらのレイヤに対する電卓を開き、"remove" を選択してください。その後で、キューを更新する必要があります。あるいは、特定のレイヤを削除するために store /merge を用いなければなりません。

既知の制限