ユーザプロファイルとユーザの作成

ユーザシステムは、ユーザとユーザプロファイルという二つ部分に分かれています。

ユーザには、ユーザプロファイルが割り当てられています。多くのユーザに、同じユーザプロファイルを割り当てることができます。各ユーザは、それぞれ自身のプログラマを持ち、エクゼキュータ、ワールド、フィルタなどといった要素を選択できます。しかし、同じユーザプロファイルを使用すると、ビューやビューボタンの割り当て、その他の多くの設定を共有することができます。

User & Profiles Setup

ユーザとユーザプロファイルの設定は、User & Profiles Setup で行います。これを開くには、Setup を押してから、Console タブで User & Profiles Setup をタップしてください。

あるいは、コマンドラインに Menu UserProfiles と入力してください。


User & Profiles Setup

このメニューでは、多くの情報が表示され、いくつかのことが可能ですが、主な目的はユーザとユーザプロファイルを作成することです。

メニューのメインパートは、上下二つの部分に分かれています。上部は ユーザ に、下部は ユーザプロファイル に関するものです。

一般的な背景色のルールが、ここでも適用されます。黒背景セルは編集できません。灰色のセルは、内容を編集できます。

すべてのショーには、Administrator と Guest という二つのユーザと一つのユーザープロファイルがあり、これらは削除も変更もできません。

ユーザがログインしている場合、一部の設定はロックされていて変更できません。ログインしているユーザに変更が行われた場合、そのユーザは、変更が適用される前に再度ログインする必要があります。

タイトルバーには、そのステーションに現在ログインしているユーザ名が表示されます(上の画面例では "administrator")。

ボタンの説明

画面の下部にあるボタンは、何が選択されているかによって変化します。以下は、それらのボタンについての簡単な説明です。

列項目の説明

それぞれの一覧には、いくつかの列項目があります。

以下は、ユーザプロファイル一覧にある列項目の簡単な説明です。

以下は、ユーザ一覧にある列項目の簡単な説明です。

ユーザ権限

ユーザ権限には、6つのレベルがあります。

ユーザ一覧で Rights 列のセルを編集すると、以下の選択肢を持つ Select Rights ポップアップが開きます。

ユーザがログインしていない場合にのみ、その権限を変更できます。

ユーザプロファイルにワールドを割り当てる

ユーザプロファイルにワールドを割り当てると、このユーザプロファイルに割り当てられたユーザは、割り当てられているワールドだけを用いるように制限されます。ユーザは、ワールドを変更できません。

デフォルトは None です。これは、ユーザがワールドに制限されないことを意味します。

World 列のセルを編集すると、Select World ポップアップが開きます。これには、None オプションと、ショーファイルで作成されたすべてのワールドが表示されます。

"Full 1" ワールドを選択すると、ユーザはすべてのフィクスチャとアトリビュートにアクセスできますが、このワールドに固定されます。

ワールドは、コマンドラインからも割り当てられます。
例えば、ワールド4をユーザプロファイル3に割り当てるには、以下のように入力してください。

[Channel]> Assign World 4 UserProfile 3

 

ユーザプロファイルとユーザの新規作成

新しいユーザを新しいユーザプロファイルで作成するには、以下のようにしてください。これを行うには、Admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります。

  1. Setup キーを押します。
  2. User & Profiles Setup をタップします。
  3. ユーザプロファイル一覧の一番下にある "New" というセルをタップします。
  4. Add Profiles ボタンをタップします。
  5. Name 列のセルで UserProfile と表示されているのを適切な名前に変更してください。
  6. ユーザ一覧の一番下にある "New" というセルをタップします。
  7. Add User ボタンをタップします。
  8. Name 列のセルで NewUser と表示されているのを適切な名前に変更してください。
  9. 必要なら、Password 列にパスワードを追加します。
  10. 先ほど作成したユーザプロファイルを選択します。
  11. 必要なら、Rights 列でユーザ権限を変更します。
  12. この新しいユーザですぐにログインしたい場合は、Login ボタンをタップしてください。