パラメータとDMXチャンネル

システムで制御できるフィクスチャの数を検討する場合、大抵の人は、DMXチャンネル数で考えています。

MA Lighting では、パラメータ についてより多くの関心を持っています。

パラメータとは

パラメータは、ソフトウェアではアトリビュートとも呼ばれます。ディマー機能はパラメータであり、パン機能も同様にパラメータです。

ソフトウェアは、種々のアトリビュートを、DMXで出力されているものよりも高い精度で計算しています。そうして得られたパラメータやアトリビュートは、フィクスチャが用いるDMXチャンネル数(通常アトリビュートごとに1または2)に合うようにスケーリングされます。

なぜパラメータで数えるのか?

これは、ユーザにとって有益です。MA の世界では、一つDMXチャンネルによる8ビットの代わりに、16ビットや24ビットで動作するフィクスチャを使用したとしても、それに対する追加の代価は不要です。

制御が許されたすべてのパラメータを出力するには、ネットワーク化されたノードやデバイスを追加する必要があるかもしれません。

ディマーを備えた単純なムービングヘッドが5つのDMXチャンネルを使用していて、以下のように定義できるとします。

定義 DMX チャンネル
Dimmer 1
Pan 2
Pan Fine 3
Tilt 4
Tilt Fine 5

Pan と Tilt はそれぞれ一つのアトリビュートです。Pan と Tilt の両方がそれぞれ二つDMXチャンネルを使用していても、パラメータ数としてはそれぞれ一つとしてカウントされます。これは、フィクスチャが三つのパラメータしか必要としないことを意味します。

定義 DMX チャンネル パラメータ・コスト
Dimmer 1 1
Pan 2 2
Pan Fine 3 不要
Tilt 4 3
Tilt Fine 5 不要

これは、多くの16ビット(または Fine)チャンネルを持つフィクスチャが多数ある場合、大きな利点になります。

 

事前プログラミングとパラメータ

ショーは、事前にプログラムすることができます。そして、ハードウェアによるパラメータを用いずに、MA 3D でそれを視覚化できます。

ただし、サードパーティーのビジュアライザを使用する場合は、パラメータにアクセスするために、ハードウェアが必要になることがあります。

MA Lighting は、多くのビジュアライザ・メーカと協力しており、ハードウェアなしでDMXデータを読み取ることができます。

 

パラメータの拡張については、パラメータの拡張 を参照してください。