ソフトエッジング

ソフトエッジングまたはソフトエッジ・ブレンドは、画像全体をいくつかの小さなタイルに分割する手法です。この場合、隣接するエッジ部分は重なり合います。両画像の重複範囲内では同じ内容が表示されますが、明度は境界へ向かって徐々に減少していきます。 MA VPU は、動画および静止画に対してこの手法をサポートしています。これは、画像の境界における四つの制御可能なグレースケール(グレー・エッジ)によって実現されます。グレースケールの位置と配分は、grandMA 卓によって、それぞれ二つのアトリビュートで制御されます。

 

左タイル 右タイル

プロジェクタ1 プロジェクタ2
Shaper 4A、4Bによる、左側画像のソフトエッジ制御。 Shaper 2A、2Bによる、右側画像のソフトエッジ制御。

画像全体の投影:

下の例は、Softedge アトリビュートの機能を示しています。

Shaper 2A = 0 % Shaper 2A = 100 % Shaper 2A = 100 %
Shaper 2B = 0% Shaper 2B = 100% Shaper 2B = 25%

 

ヒント
卓では、特殊ダイアログによってソフトエッジに対する値を編集できます。

カメラ・フィクスチャの Softedge アトリビュートを選択すると、'Special Dialog' ボタンが有効になります。

すべての値は、この特別ダイアログで、プレビューによってグラフィカルに入力できます。

? Special Dialog 'Softedge' ?
'Softedge' 特殊ダイアログ