Linux用USBスティックのフォーマット

このトピックでは、Linux用USBスティックのフォーマット方法について説明します。これは、ブートメニューによる更新や工場出荷時リセットに必要です。

必要条件

grandMA2 更新のためのUSBスティックのフォーマットは、以下のようにしてください。

  1. StickMaker-x.x.x.x.exe. をダブルクリックして MA stickMAker をインストールします。
    画面の指示にしたがってください。
  2. 空のUSBスティックをコンピュータに挿入します。
  3. MA stickMAker の右クリックメニューで「管理者として実行」を選んでください。
    MA stickMAker が起動します。

    MA stickMAker
  4. 緑の "Choose target disk" 欄で USB drive を選び、... をクリックして gMA2Console_v*.imgz を選択したら、Start をクリックししてください。
    スティックが Linux 用にフォーマットされ、イメージが書き込まれます。この処理には約3分かかります。
  5. コピーが成功するとポップアップが開きますので、Ok をクリックししてください。
  6. USB スティックをコンピュータから抜きます。

USBスティックが Linux 用にフォーマットされ、grandMA2 の更新や工場出荷時リセットが可能になります。