仮想出力

ピクセルマッパー出力は、仮想出力IDで設定できます。そのピクセルマッパー出力にはピクセルマッパー・フィクスチャを配置すべきではありません。仮想出力IDが設定されている場合、"Render IP" 設定は無視されグレーアウトになります。仮想出力には専用の単一カメラを割り当てられるので、この専用カメラに特定のレイヤをルーティングできます。これらのレイヤはそのカメラにのみ表示されるため、ピクセルマッパー出力でのみレンダリングされます。好きなだけの数のレイヤを、その仮想出力にルーティングできます。次のステップは、この仮想出力を仮想入力として別レイヤにルーティングすることです。このレイヤは、DVI出力だけに表示されるカメラにのみ表示されます。

二つの仮想出力の例

 

それは何によいのか?

ユーザは、カメラによって個々に制御される出力表示配置を作成できます。個々の配置レイヤは、各カメラのソフトエッジ、キーストーン、分割スクリーンのパラメータによって変更できます。これは、LEDコントローラが表示画像の特定領域を取り込み、ユーザが専用の VPU カメラフィクスチャでこれらの領域を制御したい場合に便利です。これは "Matrox Triple Head to Go" 設定を操作し、専用の VPU カメラフィクスチャで各DVI出力を制御するために使用できます。"Triple Head to Go Device" は、VPU ソフトウェアからは一つ大きな出力として認識されます。基本的に行うのは、仮想出力1〜3を隣接して表示する三つレイヤを割り当てることです。

Virtual Output 信号を、同一レイヤの入力として用いないでください(例: 同一レイヤ上の CAM 1 に対する入力としての VirtOut 1)。オプティカル・フィードバックが生じます。