警告

発作についての警告

これまでに発作を起こしたことがなくても、若干の人々(およそ4000 人に1人)は、例えばテレビを見たりゲームをしているときに、ライト・フラッシュやパターンによって発作・失神を誘発する場合があります。

発作、意識喪失、その他のてんかん性症状の経験がある人は、アプリケーションを使用する前に、医者に相談してください。

プログラムを使用している間、両親は子供に気を配ってください。子供に、ひきつけ、目や筋肉の痙攣、意識の喪失、視力異常、不随意運動、方向感覚の喪失などの徴候があらわれた場合は、直ちにに使用を止め医師に相談してください。

発作の可能性を減らすため、以下の点に気をつけてください。

  1. 画面からできるだけ離れてください。
  2. なるべく小さな画面を使用してください。
  3. 疲れているときや睡眠を必要としているときは作業しないでください。
  4. 明るい部屋で作業してください。
  5. 1時間毎に10〜15分の休憩をとってください。

 

繰り返し運動による損傷についての警告

アプリケーションを長時間使用していると、筋肉、関節、皮膚などを損なう場合があります。腱炎、手根管症候群、皮膚炎症などを避けるため、以下の指示にしたがってください。

たとえ自分では必要と思われなくても、1時間毎に10〜15分の休憩をとってください。

使用中に手、手首、腕などが疲れたり痛みを感じた場合は、しばらくの間作業を止め休んでください。

使用中や使用後に、手、手首、腕の痛みが続く場合は、作業を止めて医師に相談してください。