Oops とアンドゥ

Oops 機能によって、簡単に操作のアンドゥを行えます。

直前の操作の取り消し

重要
取り消された操作は元に戻せません。

直前の操作を取り消すには、以下のようにしてください。

  1. Oops を押すと、Confirm Undo ポップアップが開きます。

    Confirm Undo ポップアップ
  2. Ok をタップするか、Please を押してください。

直前の操作が取り消されます。


複数操作の取り消し

重要
Patch & Fixture Schedule で変更が保存されると、Oops リストは新規に開始されます。
重要
操作の取り消しを元に戻すことはできません。

複数の操作の取り消すには、以下のようににしてください。

  1. Multi-Oops ポップアップが開くまで Oops を長押ししてください。

    Multi-Oops ポップアップ

    注意:
    複数の操作を選択するには、最後に行った最下行の操作項目から初めて、より前の項目に移動してください。
    リストの途中にある操作を一つだけ選んで取り消すことはできません。
  2. 一覧で項目をタップするか、画面エンコーダを回して、元に戻したい操作を選択します。
    選択された操作項目は緑の背景になります。また、選択された項目の総数が、ウィンドウ下部の左端にあるボタンに表示されます。
  3. Undo x Actions をタップしてください。

選択されている操作が取り消されます。


Oops の設定

デフォルトでは、以下のすべての操作が Oops リストに入ります。

Oops の設定は、必要に応じてカスタマイズできます。例えば、Oops リストに、ビューの変更は追加せずに、プログラマの操作だけを追加したい場合は、Oops Settings で Views の設定を無効にします。

設定の変更は、以下のようにしてください。

  1. Setup を押し、 User タブで Oops Settings をタップしてください。
    Oops Settings メニューが開きます。

    Oops Settings メニュー
  2. 変更したい項目をタップして、有効/無効(On/Off)を切り替えてください。

Oops の設定が変更され、ショーファイルとよびユーザプロファイルに保存されます。


ショーファイルを以前の状態に戻す

ショーを保存するたびに、ショーファイルの前の状態が .backup ファイルとして保存されます。grandMA2 は最大10個の .backup ファイルを作成します。10番目の .backup ファイルが作成されると、最初の .backup ファイルは削除されます。.backup ファイルによって、ショーファイルを以前保存された状態に戻すことができます。

  1. Backup を押すと、Backup メニューが開きます。
  2. ドライブタブを選び、Load Show をタップします。

    Load Show - Viewing Shows & Backups
  3. 上の画面例の赤枠で囲まれているボタンが Viewing Shows & Backups または Viewing Backups になるようにタップしてください。.show.gz として保存されているショーファイルや、.backup として保存されているバックアップファイルが一覧表示されます。
  4. 元に戻したい日時の .backup ファイルをタップしてください。
    ヒント
    変更したデータが不明な場合は、Check All をタップして、すべてのデータを読み込むことをお勧めします。
  5. Load Show をタップしてください。

選択したバックアップが読み込まれます。