イーサネットの接続

grandMA3 デバイスのタイプに応じて、背面パネルには最大で三つの Ethernet ポートがあります。


grandMA3 full-size (CRV) および light (CRV) 背面パネル - Ethernet

grandMA3 compact (XT) 背面パネル - Ethernet

grandMA3 extension 背面パネル - Ethernet

grandMA3 I/O Node 背面パネル - Ethernet

grandMA3 I/O Node DIN-Rail 背面パネル - Ethernet

 

ヒント
卓の場合、Ethernet ポートは個々に CON1、CON2、CON3 などの名前が付けられています。
onPC ソフトウェアの場合は、オペレーティング・システムによって Ethernet、Ethernet2 などの名前が付けられています。
重要
すべての Ethernet ポートで以下のDMXプロトコルを使用できます。
・Art-Net
・sACN
重要
損傷を避けるため、Ethernet ポートは、PoE 対応の grandMA3デバイス(xPort Nodes PoE、onPC xPort Nodes PoE、または I/O Node PoE)を除き、PoE (Power over Ethernet) に接続しないでください。

Ethernet ポート 1〜3

必要条件: RJ45コネクタ付STP(シールド・ツイスト・ペア)ケーブル(カテゴリ5e以上)を使用。

Ethernet ポートの接続は以下のように行います。

  1. イーサネット・ケーブルの一端を、Ethernet 1、2、または 3 に接続します。
  2. ケーブルのもう一端を、適切なスイッチに接続します。
  3. 他の grandMA3 機器をスイッチに接続したら、スイッチの電源を入れてください。

イーサネットがポートに接続されます。

Ethernet LED

イーサネット接続が有効になると、L (link) LED が点滅します。

ギガビット接続が利用可能な場合、G (gigabit) LED が点滅します。