AutoCreate キーワード

AutoCreate キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

AutoCreate キーワードは、あらかじめ指定されたソース・オブジェクトに応じてオブジェクトを作成します。例えば、パッチされたフィクスチャのフィクスチャタイプでグループを作成できます。

ヒント
ソースリストとしてセレクションが指定されている場合、AutoCreate を実行するたびに、アクティブな MATricks 設定が考慮されます。

構文

AutoCreate [ソース・リスト] At [デスティネーション・リスト] (/オプション)

オプション・キーワード

AutoCreate キーワードでは、以下のオプション・キーワードを使えます。

User name[Fixture]> AutoCreate Selection At Group 1

 

必要条件:

  1. ショーファイルに少なくとも10のフィクスチャタイプを挿入し、フィクスチャタイプごとに少なくとも2台のフィクスチャをパッチします。
User name[Fixture]> AutoCreate FixtureType 10 At Group 42

 

User name[Fixture]> AutoCreate FixtureType 9 At Group 42 /Single

 

User name[Fixture]> AutoCreate FixtureType 9 + 10 At Group 101 /Single

 

必要条件:

  1. 8台のフィクスチャを選択。
  2. MAtricks XGroup を 2 に設定。
  3. MAtricks X を 0 に設定。
User name[Fixture]> AutoCreate Selection At Group 21 /All

必要条件:

  1. Patch 内にレイヤとクラスを作成。
  2. フィクスチャをこれらのレイヤとクラスに設定。
ヒント
デモショーでは、これらの設定がすでになされています。
User name[Fixture]> AutoCreate FixtureLayer "Backtruss" At Group 201 /Single

 

User name[Fixture]> AutoCreate FixtureClass "Spots" At Group 301

 

User name[Fixture]> AutoCreate FixtureType 9 + 10 If FixtureClass "Spots"