Copy キーワード

Copy キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

Copy は、オブジェクトのコピーを作るための機能キーワードです。

オブジェクト・タイプが指定されていなく、またコマンドライン・デスティネーションがルート(デスティネーションなし)の場合、デフォルトのオブジェクト・タイプとして Cue が用いられます。

構文

Copy [オブジェクト・タイプ] [ソースID] At [デスティネーションID] (オプション)

Copy [オブジェクト・タイプ] [ソースIDリスト] At [デスティネーション開始ID] (オプション)

Copy [オブジェクト・タイプ] [ソースID] At [デスティネーション・リスト] (オプション)

Copy [オブジェクト・タイプ] [ソースIDリスト] (オプション)

オプション・キーワード

コマンドには以下のオプションを追加できます。

 

キューをコピーする場合、他にいくつかのオプションがあります。以下はキュー・コピーの一般的な構文です。

Copy Cue [ソースID] At [デスティネーションID] (オプション)

コマンドには以下のオプションを追加できます。

詳しくは キューのコピー を参照してください。

User name[Fixture]> Copy Group 1 At 5

 

User name[Fixture]> Copy Group 1 Thru 3 At 11

 

User name[Fixture]> Copy Group 2 At 6 Thru 8

 

User name[Fixture]> Copy Cue 2 At 6

 

User name[Fixture]> Copy Cue 2 At 6 /CopyCueSrc "Status" /CopyCueDst "Keep" /CueOnly /Merge /NoConfirm

 

User name[Fixture]> Copy Macro 2 At 6