Oops キーワード

Oops キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

Oops は、以下の操作を取り消すための機能キーワードです。

構文

Oops

User name[Fixture]> Oops