DataPool

説明

Lua 関数の DataPool は、現在選択中のデータプールにあるオブジェクトの確認や編集などを行う際に、データプールの参照を取得するために用いられます。

構文

DataPool(nothing)

Returns: light_userdata:handle

選択中のデータプール名とその中のシーケンス1の名前を Command Line History に出力するには、以下のようなコードでプラグインを作成します。

local function main()
    local nameofDatapool = DataPool().Name

    local nameofSeq1 = DataPool().Sequences[1].Name

    Printf("Name of selected data pool: " .. nameofDatapool)

    Printf("Name of sequence 1: " .. nameofSeq1)
end