SelectionFirst

説明

Lua 関数の SelectionFirst は、最初に選択されたフィクスチャのサブフィクスチャ・インデックスを返します。

構文

SelectionFirst(nothing): int:first subfixture index,int:x, int:y, int:z

Returns: nothing

最初に選択されたフィクスチャのサブフィクスチャ・インデックスを Command Line History に出力するには、以下のようなコードでプラグインを作成します。

local function main()
    local subfixtureIndex = SelectionFirst();
    Printf("subfixture selected with index: "..subfixtureIndex)
end

return main