SelectionNext

説明

Lua 関数の SelectionNext は、引数で指定されたサブフィクスチャ・インデックスに続く次のインデックスを返します。

構文

SelectionNext(int:current subfixture index): int: next subfixture index,int:x, int:y, int:z

Returns: nothing

現在のセレクションにあるすべてのフィクスチャのサブフィクスチャ・インデックスを Command Line History に出力するには、以下のようなコードでプラグインを作成します。

local function main()
    local subfixtureIndex = SelectionFirst();
    repeat
        Printf("subfixture selected with index: "..subfixtureIndex)
        subfixtureIndex = SelectionNext(subfixtureIndex)
    until not subfixtureIndex;
end

return main