DefaultDisplayPositions

説明

DefaultDisplayPositions は object-free 関数です。

これは、最初の7画面に対する設定を含む、従来のデフォルト・ディスプレイのハンドルを返します。これを用いると、例えば、コマンドライン、ビューバー、エンコーダー/プレイバックバーの表示状態などを確認できます。

構文

DefaultDisplayPositions(nothing): light_userdata:handle

ディスプレイ1(デフォルト・ディスプレイの子1)に関するすべての情報は、以下のように Dump 関数で確認できます。

local function main()
    DefaultDisplayPositions():Children()[1]:Dump()
end

return main

 

DefaultDisplayPositions オブジェクトを用いて、ディスプレイ1のエンコーダバーを切り替えるには、以下のようなコードでプラグインを作成します。

local function main()
    local display1 = DefaultDisplayPositions():Children()[1]
    display1.ShowEncoderBar = not display1.ShowEncoderBar;
end

return main