Dump

説明

Lua 関数の Dump は、オブジェクトに関する情報(オブジェクト名、クラスやパス、プロパティ、子など)を返します。
以下の例では、ユーザが入力したアドレス(シーケンス1など)のオブジェクトに対して Dump() メソッドが呼び出され、そのオブジェクトに関する情報が Command Line History に出力されます。

構文

Dump(light_userdata:handle): string:information

シーケンス1の情報を Command Line History に出力するには、以下のようなコードでプラグインを作成します。

local function main()
    local searchedObject = TextInput("Object Address", "Sequence 1")
    local object = ObjectList(searchedObject)[1]
    object:Dump()
end

return main