MAtricks Wing

MAtricks における Wing は、セレクションを指定した数のウイングに分割し、各ウイングから相対する方向へとデバイスを選択するために用いられます。

例をあげて説明した方が分かりやすいでしょう。

例 - 1軸上の10台のフィクスチャ

この例では、10台のフィクスチャ(101〜110)があります。

それらは、特定のグリッド情報なしで、101から110まで選択され、Highlight が有効になっています。

グリッド情報がないため、フィクスチャは一つ軸(X軸)上にのみ存在します。

Next を押して、MAtricks X の値を 0 にします。

Selection Grid および Fixture Sheet (Channel SheetMode で Output レイヤを選択) ウィンドウでは、以下のようになります。


10台のフィクスチャ - MAtricks X=0, XWings=None

ここで、MAtricks ウィンドウの XWings で + をタップして、値を2に設定します。

画面は以下のように変わります。


10台のフィクスチャ - MAtricks X=0, XWings=2

セレクションが二つのウィングに分割され、それぞれのセレクションの端が点灯します。

Next を押すと X の値が上がり、点灯したフィクスチャがセレクションの中央に向かって移動していきます。また Prev では、端方向に戻ります。