フィクスチャの選択

フィクスチャを手動で操作して、さまざまなアトリビュート(Dimmer, Pan, Tilt, Zoom)値を変更するには、そのフィクスチャを選択する必要があります。

フィクスチャは、以下のようにさまざまな方法で選択できます。

フィクスチャを選択するには、他のより複雑な方法もありますが、これらが最も基本的な方法です。グループやプリセットを作成していない場合、最初にあげた二つの方法のいずれかで行う必要があります。

以下は、数字キーでフィクスチャIDを指定して選択する例です。

Fixture 1 Thru 5 Please

このコマンドは、コマンドラインで以下のように表示されます。

User name[Fixture]> Fixture 1 Thru 5

これによって、IDが1〜5(両方の番号を含む)のすべてのフィクスチャが選択されます。

いくつかのキーは、フィクスチャのサブセレクションをナビゲートするために用いられます。これは、MAtricks 機能の一部です。これらのキーは、画面上の Selection Bar からもアクセスできます。これらは、フィクスチャの選択にも利用できます。


フィクスチャの再帰的選択

すべてのサブフィクスチャを素早く選択するために、メインフィクスチャの選択構文にドット(.)を追加できます。

以下の例では、パッチされた AlienPix、フィクスチャ301〜303があるとします。

フィクスチャ301とそのすべてのサブフィクスチャを選択するには、以下のように入力します。

User name[Fixture]> Fixture 301.

フィクスチャ301〜303のすべてのサブフィクスチャを選択します。

User name[Fixture]> Fixture 301 Thru 303.

. (ドット)は、指定レベル以下のサブフィクスチャをすべて選択します。これによって、例えば AlienPix のピクセルだけを選択することもできます。そのためには以下のように入力します。

User name[Fixture]> Fixture 301.1. Thru


一般的な選択構文

. (ドット)は、現在のレベルでの選択を終えて、1レベル下に移ります。

一つのコマンド内で階層の最上位から選択を再開するには、開始キーワード(例: Fixture)を再度入力する必要があります。

フィクスチャ1のサブフィクスチャ8〜10、フィクスチャ2のすべてのサブフィクスチャ、そしてフィクスチャ3のサブフィクスチャ1〜5を選択するには、以下のように入力します。

User name[Fixture]> Fixture 1.8 Thru 10 Fixture 2. Thru Fixture 3.1 Thru 5

すべてのフィクスチャの最初の下位レベルで、すべてのサブフィクスチャを選択します。

User name[Fixture]> Fixture Thru.Thru