タイムコード範囲の作成

タイム範囲(Time range)とマーカは、タイムライン上に描画される定義領域です。これらには、名前を付けたり、アピアランスを割り当てたりできます。マーカはトラックグループのタイムライン上に作成され、そのグループ内のすべてのトラックに対して適用されます。タイム範囲は、トラックのタイムライン上に作成され、そのトラック固有のものです。

ヒント
マーカの Duration がゼロに設定されている場合、タイムラインには、領域の代わりにラインが描画されます。

タイム範囲とマーカは、タイムコード・ショーをよりよくナビゲートし、視覚化するためのツールです。これらは、タイムコードの再生や記録には影響しません。

トラックが追加されると、タイムコード・ショー全体の長さによって新しいタイム範囲が作成されます。タイムコード・ショーの Duration 設定については、タイムコードの設定 を参照してください。

タイム範囲とマーカの作成

必要条件:

マーカの作成

重要
以下の一連の操作では、ツールバーを用います。詳しくは ツールボタン を参照してください。

plus でマーカを追加します。

詳しくは ツールボタン を参照してください。

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. plus をタップします。
  3. トラックグループのタイムライン・セクションをタップすると、ポップアップが開き、マーカに名前を付けられます。長さが1フレームのマーカが作成されます。

― または ―

  1. トラックグループのタイムライン・セクションをタップ、ドラッグして領域を作ると、マーカが作成されます。

Start、Name、および Duration は、テキスト表示部で編集できます。

add_time_marker でマーカを追加します。

詳しくは ツールボタン を参照してください。

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. トラックグループを選択します。
  3. マーカを追加したい位置にカーソルを置きます。
  4. add_time_marker をタップしてください。
  5. 仮想キーボードが開きます。ここで名前を付けると、新しいマーカが作成されます。

Start、Name、および Duration は、テキスト表示部で編集できます。

ヒント
マーカやタイム範囲の Start と Duration は、デュアル・エンコーダで設定できます。詳しくは タイムコード・ショーの編集 を参照してください。

マーカの削除

Timeline 表示の場合:

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. minus をタップします。
  3. 削除したいマーカをタップしてください。
ヒント
マーカは、タイムラインのトラックグループ・セクションからのみ削除できます。

Text 表示の場合:

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. タイトルバーの Text Mode をタップして Markers に設定します。
  3. Delete を押します。
  4. Name 列で、削除したいマーカ名をタップしてください。

マーカが削除されます。


タイム範囲の作成

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. トラックを選択します。
  3. plus をタップします。
  4. 選択したトラックのタイムラインでタップ、ドラッグします。

― または ―

  1. タイム範囲を開始させたいタイムラインをタップします。これによって、この位置からタイムコード・ショーの最後までのタイム範囲が作成されます。

テキスト表示で、タイム範囲の開始位置(Start)とその長さ(Duration)を編集できます。詳しくは 表示モードの切り替え を参照してください。

タイム範囲の削除

Timeline 表示の場合:

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. minus をタップします。
  3. 削除したいタイム範囲をタップしてください。

Text 表示の場合:

  1. タイトルバーの Select target をタップして TimeRanges に設定します。
  2. タイトルバーの Text Mode をタップして All に設定します。
  3. Delete を押します。
  4. Name 列で、削除したいマーカ名をタップしてください。

タイム範囲が削除されます。

ヒント
投げ縄選択を利用すると、複数のマーカ、イベント、またはタイム範囲を選択できます。