ウィンドウの追加

ウィンドウは、画面上のユーザ定義エリアに追加されます。

ウィンドウを追加する最もよい方法は、画面の空いている場所をタップすることです。タップ位置を左上隅としたウィンドウが追加されます。

別の方法として、空の画面をタップしてから四角形を描くことで、ウィンドウサイズを指定して追加することもできます。

画面をタップすると、Add Window ポップアップが開きます。


作成したいウィンドウのボタンをタップ

ウィンドウは、CommonPoolsPresetsMore、および All というタブに分けられています。タブをタップして選ぶと、各セクションのウィンドウに対応するボタンが表示されます。

目的のボタンを押すと、そのウィンドウが作成されます。

ポップアップのタイトルバーには、二つのボタンがあります。赤い Delete Screen ボタンを押すと、すべてのウィンドウが画面から削除されます。

 

Configure ボタンを押すと Configure Display ポップアップが開きます。これによって、画面脇の各種バーの表示設定や、ユーザエリアのサイズ変更を行えます。詳しくは ディスプレイの構成 を参照してください。

 

 

以下は、Add Window ポップアップで作成できるウィンドウの一覧です。

Common:

Pools:

 

Presets (プリセット を参照):

More:

All タブでは、すべてのウィンドウがアルファベット順に一覧表示され、フィルタリングが可能です。