プール・オブジェクトの挿入

プール・オブジェクトは、他の同タイプのオブジェクト間に挿入できます。これは、プールの整理に役立ちます。

挿入は Insert キーワードで行います。

プール・オブジェクトは、デスティネーション番号の前に挿入されます。

例えばビュー9と10の間にビュー42を挿入するには、以下のようにします。

User name[Fixture]> Insert View 42 At 10

以前のビュー10以降、空プール・オブジェクトまでの間にあった他のビューは、一つ上の番号に移動します。