2Port Node onPC
2Port Node onPC Pro
onPC用DMXインターフェイス

MA 2Port Node onPCは、MAネットワークでのGMAファミリーの一員です。
2Port Node onPCをパソコン上のソフトウェアonPCに接続することによってパソコンからDMXを出力させることができるようになり、grandMA卓と同様に使える様になります。
2つのDMXポートは卓側から各種の設定ができ、コネクタの形状にかかわらずIN、OUTどちらでも使うことができます。
また、2台の卓をメインとバックアップで使った場合(Micro、Pico除く)にMAnetを通じて2Port NodeからDMX出力させるとDMXプラグを差し替えることなくメイン、バックアップの切替が行えます。
もちろんメインの卓にonPCをバックアップとして動作させることも可能です。
2Port Node on PCを使うことで省スペースかつコストセーブができ、展示会や設備でも手軽にgrandMAの機能を使って多彩な演出ができるようになります。

A little but powerful tool
  • 2Port Node onPCgrandMA onPCと接続して使います
  • 小さなアプリケーションのための強力なショーコントローラ
  • 限られた予算内でのコンソールのバックアップ
  • 512パラメータまたは1024パラメータ(Pro)
  • onPCのフェーダ・リモートやマージに使えるDMX In
  • MA-NetとArt-Netどちらでも使えます
  • 駆動は内蔵電源(AC90-230V)またはPOE(power over Ethernet)
  • バックライトや表示LEDを卓から制御
  • IN/OUTの簡単な切替

2Port Node on PCは最大512パラメータまで、2Port Node on PC Proでは最大1024パラメータまで制御可能です。
DMXコネクタはそれぞれメス2個、オスメス各1個、オス2個の3つのパターンがありますがコネクタのオス、メスに関係なくIN、OUTどちらにも設定可能です(通常ご指定が無い場合は2Port Node on PCはオス、メス各1個、2Port Node on PC Proはメス2個)。
スタンドアローンではonPCと組み合わせてgrandMAと同等の操作が行えます。
タイムコードはMIDI Timecodeを使うことができ、DMX入力からはフェーダ・リモートやスイッチリモートが行えます。
またgrandMA卓とつないでonPCをバックアップコンソールとして使うことができ、安価なバックアップシステムを組むことができます。