Cue Zero

Cue Zero は、アトリビュートのデフォルト値へのリンクを含む、自動作成されたキューです。Cue Zero を手動で変更することはできません。有効な Cue Zero を持つシーケンスは、Cue Zero の後で、最初のキューから開始されます。このキューは、シーケンスを開始するときに、デフォルト値を提供します。また、キューを移動またはコピーするときに、欠けているデフォルト・データを提供します。

Cue Zero は、Tracking が有効で、かつ複数のキューを必要とするシーケンスにおいてのみ利用できます。

 

設定はすべて Assign メニューで行います。Assign キーを押してから、変更したいエクゼキュータに関連付けられたキーを押すと、このメニューが開きます。メニューの右側にある Options ボタンを押してください。


Assign メニュー - Cue Zero オプション

 

Cue Zero ボタンをタップすると、Select Cue Zero Mode ポップアップが開きます。


Select Cue Zero Mode ポップアップ

このポップアップには、以下の選択肢があります。

制限
Cue Zero が有効な場合、Dimmers Only オプションを除き、Release Firststep オプションは非表示になります。

Cue Zero が有効な場合、Sequence Executor シートは下のようになります。


Sequence Executor シート - Cue Zero On

このキューは、ロックされていて、呼び出したり編集したりすることはできません。シーケンスの最初のキューをアクティブにしても、Cue Zero ではなく、ユーザによって作成された最初のキューがアクティブになります(上例のキュー番号1)。

Cue Zero で編集できるのはタイミングだけです。これらのタイミングは、例えば、cuetiming オプションで GoBack を実行する場合、値やエフェクト値から、cue zero からのトラッキング値にフェードして戻るために用いられます。Cue Zero のタイミングは、エクゼキュータの Autostomp 設定を用いる際にも使用されます。

 

CueZero Extract

Cue Zero が有効な場合、CueZero Extract を有効にすることはできます。

Extract が有効でない場合、Cue Zero は、アトリビュートのデフォルト値へのリンクを作成します。これは、キューの作成後にデフォルト値が変更されても、シーケンスを更新する必要はなく、Cue Zero が新しいデフォルト値を用いることを意味します。

CueZero Extract が有効だと、CueZero Extract または Cue Zero が有効になったり、新しいアトリビュートが追加されたりしたときに、Cue Zero は、デフォルト値へのリンクではなく、実際のデフォルト値を取得します。これは、後でデフォルト値を変更しても、シーケンスの外見が変わらないことを意味します。CueZero Extract (または Cue Zero)を無効にしてから再度有効にすると、新しいデフォルト値が保存されます。