ビットマップ・フィクスチャの例

このトピックでは、ビットマップ・フィクスチャの例について説明します。

この例では、キューの保存プリセットの作成エフェクトの割り当て などの基本的な操作が必要となります。もしこのような操作に習熟していない場合、まず、それらについての説明を読んでください。

最初の状況
Stage View に多数のフィクスチャがあります。それらのフィクスチャに対して、Pan/Tilt エフェクトを作成します。


Stage View

必要条件

重要
ポジション・プリセットは、XYZ値に対応していないため、Pan/Tilt 値を持っている必要があります。
  1. Pan/Tilt エフェクトのためのフィクスチャを Fixture シートですべて選択し、At 100 PleaseStore と押し、エクゼキュータを押します。
  2. レイアウトでフィクスチャの周りを長方形で囲むと、Edit Layout Element ポップアップが開きます。Visualization で Bitmap をタップしてください。
  3. イメージ・プールで白バーが表示されているイメージをインポートします。

    白バーの画像
    注意
    定義済み画像や動画も利用できます。定義済み画像や動画のインポート方法については、画像と動画のインポート を参照してください。
  4. Position プリセット・プールに、最低の Pan 0 /Tilt 30 と 2番目の Pan 0/ Tilst -5 という二つのポジション・プリセットを作成します。
  5. プログラマ内のビットマップ・フィクスチャに以下の値を設定してください。
    Dimmer: 100
    Images: イメージ・プールの白バーイメージ(例: 15)
    Output: ビットマップ・フィクスチャの視覚化を含むレイアウト(例: Layout 1)
    Mode: Position Preset
    VP1: Low 値のポジション・プリセットを選択
    VP2: High 値のポジション・プリセットを選択
  6. Effect レイヤでエンコーダバーをタップ、Fixture シートで VPos (= Video Position)をタップし、x 値 のエンコーダを回して Ramp Plus 10 を選択してください。
  7. ビットマップ・フィクスチャをともなうシーケンスを保存するには、Store を押してから他のエクゼキュータ・ボタンを押します。
  8. 両方のプレイバックを開始します。

ビットマップ・フィクスチャを用いた Pan/Tilt エフェクトができました。


Stage View : 動作中のビットマップ・フィクスチャ