重要
プリセットのみで、フィクスチャタイプから、またはフィクスチャタイプへ、クローン化することができます。 詳しくは プリセットのクローン化 を参照してください。

 

重要
クローン化のオプション Overwrite は、デスティネーションの元データを削除し、新しいデータで置き換えます。

 

フィクスチャからフィクスチャへのクローン化

1. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャ2へ、デフォルトのオプション、Low Prio Merge でクローン化すると、以下のようになります。

2. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャ2へ、Merge オプションでクローン化すると、以下のようになります。

3. 例:

フィクスチャ1と2から、シーケンス1〜10にあるグループ10のフィクスチャへクローン化すると、以下のようになります。

4. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャ2へ、Overwrite オプションでクローン化すると、以下のようになります。

 


フィクスチャからフィクスチャタイプへのクローン化

重要
フィクスチャからフィクスチャタイプへのクローン化では、選択データをグローバル・データにクローン化します。

1. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャタイプ2へ、デフォルトのオプション、Low Prio Merge でクローン化すると、以下のようになります。

2. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャタイプ2へ、Merge オプションでクローン化すると、以下のようになります。

3. 例:

フィクスチャ1からフィクスチャタイプ2へ、Overwrite オプションでクローン化すると、以下のようになります。

 


フィクスチャタイプからフィクスチャへのクローン化

重要
フィクスチャタイプからフィクスチャへのクローン化では、グローバル・データが選択的データにクローン化されます。

1. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャ2へ、デフォルトのオプション、Low Prio Merge でクローン化すると、以下のようになります。

2. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャ2へ、Merge オプションでクローン化すると、以下のようになります。

3. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャ2へ、Overwrite オプションでクローン化すると、以下のようになります。

 


フィクスチャタイプからフィクスチャタイプへのクローン化

重要
フィクスチャタイプからフィクスチャタイプへのクローン化では、グローバル・データがグローバル・データにクローン化されます。

1. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャタイプ2へ、デフォルトのオプション、Low Prio Merge でクローン化すると、以下のようになります。

2. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャタイプ2へ、Merge オプションでクローン化すると、以下のようになります。

3. 例:

フィクスチャタイプ1からフィクスチャタイプ2へ、Overwrite オプションでクローン化すると、以下のようになります。