キューの削除

キューを削除すると、キューに保存されている値が削除されます。

キーやキーボードを用いると、キューを簡単に削除できます。

選択されているエクゼキュータでキューを削除する構文は、Delete Cue [キュー番号] です。

別のエクゼキュータの場合は、上述の構文の後でエクゼキュータに対応するキーを押すか、Delete Cue [キュー番号] Executor [エクゼキュータ番号] という構文を用いてください。

コマンドを実行すると、下のようなポップアップが出ます。


Delete Cue ポップアップ

NormalCue Only という、互いに排他的な二つのオプションがあります。

Normal では、キューとそこに保存されていたすべての値が削除されます。通常これは、シーケンスをトラッキングする保存値に影響します。

Cue Only でも、キューとそこに保存されていたすべての値が削除されますが、それによってトラッキング値が失われる場合、それを後続のキューに保存します。

以下のようなシーケンスがあるとします。


五つのキューを持つ削除前のシーケンス

ここで、キュー3を削除してみます。

Normal で削除すると下のようになります。


Normal による削除後のシーケンス

キュー3がなくなります。キューに保存されていたオレンジのカラー値が削除され、キュー3からキュー4、5へとトラッキングしていたオレンジの値もなくなります。シーケンスのトラッキング値は、キュー1に保存されている緑青になるため、キュー4、5も緑青になります。

Cue Only で削除した場合は下のようになります。


Cue Only による削除後のシーケンス

キュー3がなくなります。キューに保存されていたオレンジのカラー値は、キュー4に保存されます。これによって、キュー4、5はオレンジのままになります。

トラッキングについての詳細は、トラッキングとは を参照してください。